ガジェット

イラストを描くならiPadProとSurfaceproどちらが良い?

家にあるPCに腰を据えてじっくり絵を描いてきたが、外でも作業をしたいという要望の方も増えてきたのではないでしょうか。私も紙のノートを持ち歩くのが大変で、デジタル絵を外で描けないかを考えました。
まずはノートPCが古くなったため買い替えとしてSurface proを購入し、その2年後にiPad proを購入しました。

描画力


画面に描画する際に気になるのは、違和感のなさ。いかに紙に描いている感覚でナチュラルに絵をかけるかが重要です。
こちらは圧倒的にiPadの勝利。
フィルムはどちらもそこそこラインナップがあり、描き心地はフィルム次第の部分も大きいです。
ただペン先のブレや違和感はiPadのほうが少ないと思います。
ペンを置いた箇所が狙い通りのところであるのがiPad、若干ずれてしまうのがSurfaceです。
文字を書く分にはそこまで気になりませんが、絵を書くという作業の繊細さには、Surfaceは対応しにくいかと思います。

専用のペン

Surface ペンとApple Pencilの比較です。
まず、Surface ペンは電池式です。最近なかなか珍しく、扱いに困ります。電池なのもあり絶妙に重く
、私は使い続けると疲れてしまいます。グリップ部分もなくペン自体も太めなので、女性には持ちにくいサイズ感になっています。
強いて言えば、画面側面に張り付いてくれる仕様は助かります。
筆圧検知、傾き検知ともに使えます。
Apple Pencilは軽く細く感じます。持ちやすくて使いやすいと思います。
ただし好みによりますが、iPadにくっつける面のみ円柱ではなく平たくなっているので、持ちにくさを感じる人もいらっしゃると思います。
iPadにくっつけると充電してくれるので、充電の方法は非常に簡単です。
筆圧検知、傾き検知ともに使えます。
総合的に考えるとApple Pencilのほうが使いやすいです。Surfaceペンは私の中では、重くて電池を用意しなければいけないのが非常にネック。
どちらもグリップがないので、そこが不満な方には対応しにくいかと思います。Surfaceペンは画面にくっつかなくはなりますが、外付けでグリップをつけられますが、Apple Pencilは充電方法のためグリップをつけたら外さなければいけません。

ソフトの幅


イラストやその他クリエイティブ系のソフトは、未だにwindowsのほうが優秀なものが多いかと思います。なので、Surfaceのほうがソフトの幅は広いかな。
iPadには3D系はほとんど対応していませんし、イラストソフトも限られています。

携帯性

SurfaceはノートPCの中では軽いのですが、iPadProは性能は高いのに軽いです。どちらもカテゴリの中では軽いのですが、iPadProは様々なものと比較しても軽いと言えるでしょう。
Surfaceはバッグに入れると肩が壊れそうになるので、リュックで持ち運びます。iPadはバッグでOK。

絵を書くならiPadPro

結論として、絵を描くだけならiPadProのほうが便利です。
筆の感じも手書きに近く、優秀な使い心地。
Surfaceは、私の中では板タブをくっつけないととてもじゃないけど描けない状態です。
どちらも使っていますが、iPadで落書きや下絵、アイディア出しを行って、Surfaceでフィニッシュまで行うようにしています。
当ブログでは、外で絵を書くならiPad一択!その他マルチに活動したい場合(3D、プログラミング、WEBなど)は直接画面描画を捨てて、板タブ+PCがおすすめです。