WEBサービス

WordPressテーマにAnalytics、AdSense、SearchConsoleなど計測タグを設定できないなら「Site Kit by Google」

Site Kit by Google

行き届いたWordPressテーマならGoogle Analytics、Google AdSense、SearchConsoleなど計測タグを登録できる場所が用意されていますが、すべてのWordPressテーマにあるわけではありません。
そんなときに使えるのが、Google公式WordPressプラグイン「Site Kit by Google」

何ができるプラグインなの?

「Site Kit by Google」を使うことで、簡単に

・Google Analytics(サイトのアクセス内容などを分析するツール)
・Google Adsense(サイトに広告を貼ったり収益を計測するツール)
・Search Console(検索の流入内容を分析するツール)
・PageSpeed insights(ページの表示速度を計測するツール)

これらのツールとの紐付けを行うことができます。
また、一般的にはこれらは別のページで確認するものですが、簡易版ではあるものの、情報を一覧で見ることができます。

一覧のレポート内容は
・All Trafic(サイトに辿り着いたのがリンクからなのか、検索からなのか、どんな方法かをまとめたグラフ)
・Search Funnel(検索ユーザーの行動経路)
・Popularity(どんな単語で検索されて、どんなコンテンツが見られているかをまとめたランキング)
・Earnings(広告を通して発生した収益の内容)
など、なんとなく成果を分析しようと思ったら使う内容が載っています。

プラグインの導入方法

Site Kit by Google
プラグインはとても簡単に導入できます。
WordPressのプラグイン画面を開いて、「新規追加」のプラグイン検索に「Site Kit by Google」と検索するとインストールできます。プラグインを有効化したらすぐに設定画面に自動的に移ります。
自動で移行できなかった場合は、サイドナビゲーションの「Site Kit」をクリックしてください。そちらから設定を行えます。

有効化できたら使いたいツールをクリックして、自分のGoogleアカウントと動悸させるだけ!とても簡単ですね

注意点

事前にGoogleアカウントでAnalyticsやAdSenseを登録しておく必要があります。
事前準備をお忘れなく。