WEBサービス

Gmailで重要なメールがプロモーションに入ってしまうときの対処法

Gmailを使っていて、「重要なメールが探しても見つからず調べてみたらプロモーションタブに入っていた」なんてことはありませんか?
私はフィギュアの予約をいつもしているグッドスマイルカンパニーからの注文確定メールがプロモーションに入ってしまって困っていました。注文確定メールが見当たらず、同じフィギュアを2つ注文しちゃったなんてこともありました。

それでは、メールがプロモーションに入らないようにするにはどうした良いのでしょうか?

なぜプロモーションに入るの?

Gmailが自動で判別して、メインタブ・プロモーションタブ・ソーシャルタブなどに振り分けてくれます。
急ぎで見たい仕事のメールと、趣味のメルマガが混在していると不便ですがこの機能のおかげで判別が容易になります。自然と使っている方も多いと思いますが、かなりありがたい機能です。
この振り分けはGoogleの基準で設定するので、詳細な規定はわかりません。規定によって、望んでいないタブに入ることも仕方ないので、自分が気になったらその都度修正する必要があります。

どうやって振り分けをし直すの?

メインタブにドラッグ&ドロップ



プロモーションタブに入ってほしくないメールを、メインタブにドラッグ&ドロップするだけの簡単な操作です。この動作をすると、

スレッドを(メインやプロモーションなど移動先のタブ)に移動しました。今後(移動したメールのアドレス)からのメールはこのように対応しますか?

というメッセージが表示されるので、希望する場合は「はい」、そのままでいい場合は「いいえ」を選ぶとその希望通りのタブに今後のメールは振り分けられるようになります。

デメリットとしては、一度プロモーションに入ってしまってからの対応になるので、定期的にプロモ^ションを確認しておく必要がある点です。

プロモーションタブを削除


根本的に簡単に解決したいなら「プロモーションタブを非表示」にしてしまいましょう。入るところがないので、メインに全て振り分けられます。

ただしこの方法を行うと、今までプロモーションに蓄積されていたメールがメインタブに表示されるようになります。新着が多くメルマガに重要なメールが埋もれてしまう危険性がありますので注意が必要です。

まとめ

以上、メールを見失わないために整理する方法でした。簡単操作で振り分けできるドラッグ&ドロップがおすすめです。