WEBサービス

GoogleDriveの共有フォルダをマイドライブに追加する意味とは?

GoogleDriveの共有フォルダのところで「マイドライブに追加する」ボタンがありますが、あれって一体どういう意味とメリットを持っているのでしょうか?

探しやすくなるのがメリット

他人が作成したデータを共有で自分も確認した場合は、自分の表示では「共有アイテム」タブに表示されます。
マイドライブに入れておけば、いちいち共有アイテムから探す必要がなくなります。
もちろんマイドライブに入れたファイルは同期しているので、他の人が編集した際はマイドライブに入れたファイルも反映されます。

権限は移動するの?

マイドライブに入れてもオーナーが自分になることはありません。
ファイルを作成した方や権限を渡された方がオーナーとなり、自分は閲覧者・編集者から変化することはないです。

削除は権限を確認してから

ファイルを削除する際に、マイドライブから簡単に削除ボタンを押すと共有している全員のデータが消えることがあります。
これを避けるために確認すべきは「自分の権限」。
オーナーがファイルを削除すれば、共有してる人全員からデータが消えます。
オーナー以外であれば、自分のマイドライブからは削除されますが他の人からデータが消えることはありません。