WEBサービス

iPhone・iPadで動画の埋め込みを取得したいときの方法

ブログ記事を書いたり、WEBサイトを作ろうとしたりするときiPhoneやiPadで合間時間に作業することが増えました。非常に便利なのですが、ちょっと躓くポイントがありました。

動画の埋め込みがうまく行かない時の方法


埋め込みとはサムネイル画像やURLのリンクだけではなく、その記事の画面に動画自体を貼って、すぐに動画の視聴を開始できるようにする方法です。

YouTubeの動画を記事を貼ろうと思ったときに、iPhoneのYouTubeアプリだと共有ボタンから取得することができません。リンクの取得やAirdropでの共有ボタンはあるのですが、埋め込みを生成するボタンはありませんでした。

シークレットブラウズからが一番簡単


アプリに遷移してしまうと共有ボタンに存在しないので、ブラウザでYouTubeを見るとPCでの表示に近い状態でWEBサイトを閲覧できます。

アプリを開かずにブラウザで開くためにできる最も簡単な方法は「シークレットブラウズ」です。SafariやGoogle Chromeなど有名所のブラウザには必ずあるモードなのでだいたいの端末でできると思います。
Safariだと、四角が2つ重なったボタンを押して下の部分に「プライベートブラウズ」というボタンがあるのでそれを押せばOKです。

その状態でYouTubeの動画を開くと「YouTubeアプリで開きますか?」と案内が出ますので、いいえを選んでブラウザで表示させます。するとPCと同じ仕様の画面になるので、共有ボタンを押すと「埋め込み」が選択できます。

遷移することなく見れる

WEBで閲覧中にアプリやYouTubeのページに遷移することなく見られるのはとても便利。
アクセスの手間や、アクセスの方法を読み手に任せられるのでユーザーにも優しい設計にできますね。