雑多

あしながおじさんのレースアップブーツの愛用レビュー。byとかENについても

あしながおじさんのレースアップブーツの愛用レビュー。byとかENについても

あしながおじさんって知っていますか?いえいえ、童話ではなく靴のブランドのことです。
日本の靴のブランドで、手頃な価格で本革の製品を扱っているブランドです。
デザインとしてはベーシック~ガーリーなデザインが多く、ベーシック系なら年齢を問わず履けると思います。
今回は、あしながおじさんのレースアップブーツを購入したのでレビューしていきたいと思います。

毎年楽しみなレースアップブーツ

あしながおじさんは毎年秋冬には必ずベーシックなレースアップブーツを出しています。ベーシックと言っても、ヒールの高さやデザインが毎年違い、好みのものに出会うのに私の場合は5年ほどかかりました。

5年前に初めて本革製のブーツを買いました。それがこちら画像左側のローヒールデザインのショートブーツです。手入れは気持ちしていたのですが、ソールの消耗がひどくて修理対応もできないと言われるまで削ってしまいました。非常に残念でしたが、買い換えることに。
以前のデザインへの愛着が強く、少しでも似た商品が出てくれればと思って毎年この時期になるとあしながおじさんのWEBサイトをチェックしていました。
ここ数年、丈が短すぎたりコンビ素材を使用していたりとイメージと違って購入まで踏み切れませんでしたが、今回は私の好みのど真ん中のまさにベーシックなデザインでした。

あしながおじさん 3710293 ブラック
外羽根で、装飾は少なめなシンプルデザイン。ふくらはぎ丈で6cmヒール。
まさにコレ!と言いたくなるデザインに出会えました。

サイズ感はパンプスサイズでOK

サイズ感は普段どおりのパンプスサイズで大丈夫です。
革がしっとりと柔らかく、幅広でも圧迫感が少ないのが良いです。レースアップなので甲高の人にも合わせやすいデザイン。
また、ブーツ自体が軽く本革は重いというイメージを覆してくれます。

あしながおじさんのブランドによる違い

あしながおじさんと一口に言っても、ブランドが3種類あります。(あしながおじさんのメーカーであるクロスロードとしては現在6ブランドありますが、「あしながおじさん」と冠しているものだけで)

ブランドの王道あしながおじさん


あしながおじさんと名前がついているものの中で最も王道です。
ベーシック~かわいい系デザインが多く、履き回しがしやすいのも特徴です。トレンド感をしっかりと抑えたデザインや、ちょっと個性的なカラバリを混ぜてくる面白いブランド。
本革製のものが多く、自分の足に合わせて長く履けるので助かります。
価格は1万円~。
靴によって年齢層やファッション分類が大きく変わるので、クローゼットと相談して購入するようにしています。

こだわりリラックステイストのENあしながおじさん

一枚革で仕立てられていたり、カウンター(かかと芯)が入っていなかったりとリラックスした柔らかい印象のブランドです。主に本革を使っており、大人のシンプルデザインを感じます

価格はおおよそ1万円~。
ナチュラル派の大人の方におすすめです。

低価格でガーリーな印象byあしながおじさん

「あしながおじさん」と「ENあしながおじさん」よりも低価格なブランドです。
素材は主に合成皮革や生地を使用しています。

価格帯が低めということで、年齢層も10~20代と若めのデザインが多いです。コンビカラーを使用したり異素材を取り入れたり、トレンド感のある要素を盛り込んでいる印象。いわゆる「ゆるふわ」なコーディネートに合うような癒やし系の丸いデザインが特徴です。一昔前の表現になりますが、森ガールという言葉が個人的にはしっくりきます。
価格はおおよそ6000円~。