レビュー

立ち仕事の人にはソルボインソールがおすすめ!8時間余裕です。

ソルボのインソールがおすすめです。

「立ち仕事で足がつかれて辛い」「靴のインソールが薄くて痛い」
そんなお悩みをお持ちの方にはソルボのインソールがおすすめです。5年ほど愛用している私が、使い心地と使い所をレビューします!

ソルボインソールとは?

ソルボインソールとは、人工筋肉「ソルボセイン」(※ソルボ繊維ではなくセイン)を使用した、医療現場からも評価の高いインソールです。歩行時の衝撃を抑える衝撃吸収力と、足全体の負荷をまんべんなく散らす体圧分散性が特徴。
上下をソルボセインで挟んだ電球を、思いっきり上からハンマーで叩いても割れないという話が、ソルボセインの素晴らしさを表しています。

また、他のインソールに比べてへたりにくく、しっかり長持ちしてくれる点も人気のひとつです。

お仕事履き・革靴などにも!


ソルボのインソールの中では薄めでフラットなタイプの「DSISソルボヘルシー フルインソールタイプ」は、今まで履いていてちょっと不便を感じていた靴におすすめです。「買ったはいいけど、クッション性がね……」という靴にはこちら!
薄めなので、どんな靴にも入れやすいです。また、全体的にソルボセインを使用しているので、立ち止まっているときも歩いていてもしっかりと体圧分散をしてくれるので非常に疲れにくいです。販売員の方などに特におすすめです。
約1,700円なのでインソールとしてはお高めに感じますが、長持ちして効果も実感できるインソールなので投資する価値はあると思います。

私は姿勢が悪く、立ち方のバランスも乱れていたため踵への負担が大きかったのですが、このインソールを初めて入れてみて一日中の立ち仕事での足裏の痛みが感じなくなりました。誇張しているように感じるかもしれませんが、ガチです。
ソルボヘルシーは「ソルボDSIS」という名前が入っています。
このソルボDSISとは、DYNAMIC SHOE INSOLE SYSTEMの略です。足の3つアーチを支え、崩れてしまった歩行バランスを整えてくれることにより、様々な足のトラブルを解消してくれるインソールになります。メーカーによると、アーチを整えることで立ち方の改善にもなり、インソールを敷くだけで姿勢も少し良くなるとか。

裏面はソルボセインの特徴的なブニブニした感触です。そのおかげで靴の中でインソールが滑ったり動いたりしにくくなっています。

ウォーキング・スポーツに


ウォーキングやスポーツなど日常生活よりも複雑な動きや体重移動をする場合は「ソルボ ライト」がおすすめです。
指の付け根と踵と効果的な部分にソルボセインが使用されています。赤い部分がソルボセイン。カップインソール形状で、足のアーチに沿うようなフィット感が特徴です。仕事履きや普段履きにも対応しますが、上で紹介したヘルシーに比べてアーチなどがあり厚みをとってしまうので、新しい靴を「ソルボ ライト」合わせで選ぶなら良いかもしれません。
ソルボインソールで定番人気と言われている商品なので、使い心地は折り紙付きです。
価格は約1,400円と気持ちお高めです。

ソルボインソールには、「ゴルフ」「トレッキング」「ベースボール」「バレーボール」など専門性の高いインソールも多く展開されています。使用用途がはっきりしているならこちらも良いかもしれません。

パンプスに入れるなら


女性の靴の悩みといえば、パンプスを履いているときに足が痛くなってしまうこと。パンプス用にもソルボはおすすめ。
女性向けのインソールも多種多様で、足の症状などによっても選ぶべきインソールが違ってきます。
女性用のインソールは1,200~2,000円程度。

DSISソルボ外反母趾対策 ハーフインソールタイプ

土踏まずをサポートしてくれるので、つま先側に集中しがちな体圧や衝撃を分散させてくれます。外反母趾ではない方にもおすすめだそうです。

DSISソルボヘルシー ハーフインソールタイプ


私が最近購入したのはこちらの「DSISソルボヘルシー ハーフインソールタイプ」です。パンプス用にということで選びました。特に外反母趾などではなく、O脚でもなかったので、汎用性が高そうなこちらにしました。インソールを入れることを想定していなかったので、ぴったりサイズで選んでしまったパンプスなので、ハーフインソールを選びます。

使い方はいたって簡単。
裏面の保護シートと、簡易的な接着テープの保護を外して、良い位置に貼るだけ。一点注意が必要なのは、左右が分かりづらいという点ですね。土踏まずの方に点々と穴がある方を入れるのがポイントです。
写真に写ったインソールはグレーです。もとのインソールがベージュなので若干目立ちはしますが、おかしくない色なので大丈夫でしょう。

どうしてハーフインソールがおすすめなの?

フルインソール(全面を覆う中敷き)を使うと、厚みがあるためつま先が圧迫されてしまうことがあります。パンプスは特にぴったりとしたサイズ感で選ぶので、インソールを入れる前提で買わない限りはハーフインソールがおすすめになります。また、つま先側のハーフインソールと踵側のハーフインソールがあります。踵側のハーフインソールも、厚みが増してしまいパンプスに踵が引っかからず脱げやすくなってしまうことがあります。サンプルのある靴屋で一度入れてもらってみるのが良いかと思います。

まとめ

足の疲れでお困りの方はインソールにもこだわってみてください!特に今回紹介したソルボインソールはとてもおすすめです。
表面の記事部分が擦れて下地が見え始めたら交換のタイミング!私の場合は大体3年くらいは保つので、へたりにくくコスパも良好だと思いますよ!