フィンランド旅行

【フィンランド旅行3日目】ヘルシンキでサウナと買い物と

3日目。筋肉痛にならないために毎晩塗り薬を塗る。

ヒルトンで朝食

ヒルトンの朝食ビュッフェを堪能します。

silli(ニシン)がフィンランドのソウルフードらしく、様々な調理法で並んでいます。
朝食ビュッフェではsilliとだけ書かれていてよくわからないのですが、ニシンの漬けが並んでいました。
酸味があって私は好きでしたが、日本人の好みかどうかは若干怪しいです。
シナッピシッリ(シナッピのニシン漬け)が食べたかったのですが、結局滞在中には出会えませんでした。

本場のサ活Allas Sea Pool

今日の最初の目標はサウナを体験すること。
そこで訪れたのがAllas Sea Pool。


男女用のサウナとシャワーブースとカフェが建物内にあり、外に出てちょっと歩くと男女別サウナと、プールがあります。
この日は寒すぎて、外に出てはみたけど挫折しました。現地の人達は寒そうにしながらも外のサウナとプールも楽しんでいたようです。

水着はレンタルしました。
日本で買って持っていこうとも思いましたが、かさばるのと今後使うかと、サウナ後のヘルシンキ観光で持ち歩くストレスを考えるとレンタルのほうがトータルのコスパが良い。
受付の人判断でだいたいのサイズを渡されて「このサイズでいい?」と聞かれるので、それを受け取ってサウナにGO。
女性用の水着は、スク水的なめちゃくちゃ無難な黒の柔らかい素材のデザイン。年齢問わず着やすいデザインで正直安心しました。

受付兼ショップ→カフェスペース→サウナ→屋外プール&男女別サウナ
という構成になっています。
サウナ内部は椅子とバケツとひしゃくくらいしかなく、ただひたすらサウナを楽しむのみ。
セルフロウリュなので好きなようにできますが、他に人がいたら様子を伺ったり話しかけたりして判断しましょう。

私が行ったときはめちゃくちゃロウリュする人がいたので、他のお客さんが「そのへんでやめてくれないと僕のキャパを超えてしまうよ」とユーモア混じりに止めていました。


サウナ上がりはロンケロ。上の画像の白いドリンクです。
ロンケロはフィンランドの伝統的なカクテルで、「オリジナルロングドリンク」が一番メジャーなロンケロだそうです。
サーバーでロンケロがあるので人気がうかがえます。

ロンケロとサーモンライ麦サンドを頂きました。フィンランドにはとにかくサーモンがあるので、毎日サーモンを食べます。
ライ麦のパンはちょっとクセがありますが、アレルギーがある人としては中身がわかりやすいので頼みやすいです。
ロンケロは甘くてさっぱりとしたカクテルで、サウナ上がりに飲むドリンクとしてマイフィンランドルーティーンという書籍に紹介されていたので計画段階で楽しみにしていました。

カンピセンターで買い物


ヘルシンキ中央駅から少し歩いたところにあるカンピセンターというショッピングセンターでお買い物。
写真の正面一番上の階には無印良品があります。商品は日本語で表記されており、日本で見たものが大半。
たまにある日本語で記載されていない製品を見てはフィンランドの生活を感じました。
下着が足りなかったのでこの無印で補充しましたが、非常に高かったです。日本で買おう。


無印レストランを見て少しホッとする日本人。

下の階にはブランドショップ、上に行くにつれてカジュアルになっていきます。雑貨屋やボードゲーム屋をうろうろしました。
ボードゲームは結構日本とラインナップが同じで見たこと無いものが意外と少ないです。人気のあるボードゲームはすぐにグローバル展開してしまうのかな。

絶対見たかったテンペリアウキオ教会

次に向かったのはテンペリアウキオ教会。
ここはガイドブックで見て、絶対に行きたかった場所です。写真だけでも伝わる美しさ。
かなりの坂道を登ると見えてくるのがその外観。
外観だけ見るといったい何の施設かわかりませんが、中に入ってみると圧巻です。


石や岩で作られた壁と、銅張りのドームが美しいです。中ではお香を焚いているのか良い香りで落ち着く。
席に座りゆったりと天井を眺めているとかなりのリラックス感を味わえます。

出口付近に階段があり、そこから二階に上がれるのですが見逃してしまいそうなので気をつけて。

GlasspalaceとAmos Rexで美術と買い物を

本来予定していた今日のスケジュールは終わってしまいましたがまだ夕方だったのでふらふらと歩いていると美術館が併設された小さなショッピングモールに出会いました。
Glasspalaceは映画館やカフェやレストラン、アパレル、ミュージアムショップ、ムーミンショップLasipalatsiなどがあります。印象としてはちょっと変わったお店があるようなイメージ。

中でも気になったのが、Johanna Gullichsen Lasipalatsi Storeというフィンランドのテキスタイルブランド。
バッグやバケットなどが並んでおり、独特のデザインが魅力的でした。
本当に素敵だったので公式サイトもみてほしい。https://johannagullichsen.jp/
親密な人へのちょっといいお土産としてポーチと、自分用にも購入しました。
日本でも東京と神戸にショップがあるらしいです。行ってみたいですね

Amos Rexは現代アート系の美術館。
たぶんコレクターの人が収蔵したものが並んでいるタイプなので、結構バラバラな印象です。
個人的にはあまり感じるものはなかったかなあと思います。
おしゃれで洗練されているので異国感は感じられました。

総合クリエイティブスポットOodi

Oodiは図書館です。2018年に開館したため施設が新しく一般的な図書館にはないものが多くあります。
そもそもフィンランド人は図書館の利用率が高いそうです。冬は寒く、室内で楽しむことが主流になります。そういった意味でも、本を読むだけではなく室内で様々な体験ができるOodiが建設されました。
3Fは図書館
2Fはゲームができる部屋、3Dプリンター、大判プリンター、音楽スタジオ、ミーティングブース、会議室などクリエイティブなことをしたいと思ったら使う施設が揃っています。
1Fはチェステーブルやカフェ、図書館のナビゲーションカウンター
日本にはない複合型施設で「家の近くにあればなあ」と憧れてしまいます。

郵便局posti

ヘルシンキ中央駅の眼の前にある郵便局にも行きました。
旅行に行ったり美術展に行ったりするたびにポストカードを集めるのが趣味なので、外国の郵便局はマストで行きます。

ムーミンやMarimekkoなど日本人に馴染みの深い絵柄から現地アーティストまで見どころが多いです。
フィンランドの郵便局は黄色、ポストも黄色でとてもかわいい。

Kスーパーマーケット

郵便局の隣のスーパーマーケットにも行きました。
スーパーは文化が出るので楽しいですね。


寿司を自分で詰めて買えるブース。サーモンはわかるけどキウイの寿司?
ここ以外のスーパーにも結構ありました。


紙製の容器にサラダや惣菜を詰め込んで買える。
仕事終わりにこれに詰め込んで夕飯にする人を見ました。自分の好きなものを好きな量詰め込めるので便利でいいですね


トナカイ肉も買いました。ソフトサラミ的な。
ジビエ感が強く臭みがありますが、ほぼシカ肉のような気がします。

行ったところ

・Allas Sea Pool
・カンピセンター
・テンペリアウキオ教会
・Amos Rex
・Johanna Gullichsen Lasipalatsi Store
・Oodi
・posti
・Kスーパーマーケット